ページ先頭

リフモ

リフモ全般のご紹介 リフモの実証・事例紹介

エコマークリフモとは門倉貿易が繊維リサイクル率の向上を目指して、公的助成を受けながら開発行った100%繊維系廃材からできたリサイクル素材です。
繊維廃棄物を加熱、加圧成形して開発した新素材であるリフモは、木材・プラスチックの代替品のほか壁面緑化材としても利用されており、様々な分野からさらなる期待が寄せられています。
2013年7月「エコマーク」の認定を取得しました。

【映像】 2分半でわかる「リフモができるまで」

繊維系廃棄物のリサイクルの現状

家庭から排出された古着、古布など繊維系廃棄物は年間200万トン以上ですが、リサイクル用途はウエス(機械拭きの雑巾)、輸出向け古着、反毛(綿に戻して再利用)等と非常に限られており、リサイクル率はわずか10%程度で今後も大幅に増える見込みは難しいのが現状です。

しかし、環境意識の高まりにより、回収組織の構築や繊維リサイクルを推進するための行政回収の開始等、回収量は増加傾向にあり、今後繊維リサイクルを発展させていくには新たな用途開発が必要とされています。

<日本における繊維リサイクル率>
約10%(平成13年度経済産業省「繊維製品リサイク懇談会報告)

▲このページのトップへ

リフモの特長 (メリット・効果)

1. 軽量
壁面緑化の基材部リフモは厚み10mm、植栽部リフモ厚み30mmで平米重量は約9.6キロで屋上緑化の場合は、基材部リフモ厚み5mm、植栽部リフモ厚み30mmで平米重量は9.6キロです。
土壌などを用いた壁面緑化や屋上緑化に比べてはるかに軽量であるため、工場や牛舎などの構造物への設置にあたっても構造物への補強工事が不要です。
2. 屋根の腐食・カビの心配がない(壁面緑化材)
植物が育つ植栽部は常に保水の必要がありますが、土台としてリフモボードを設置しているために植栽部が壁や屋根と直接接することがありません。
さらに、リフモはおよそ80%が化学繊維と言われている繊維廃材を原料として作られており、腐食・カビの心配がありません。
しかも、基材リフモ上に水を流して植栽部に水分の補給ができるため給水設備が簡易です。
3. 釘の保持力が強い
リフモは釘が打て、保持力も強いです。ねじ釘を使うとさらに保持力が上がります。
さらに、やり直し等で釘の打ち直しが前回の釘穴にダブっても十分な保持力を有しているので施工が極めて簡単になります。風圧・負圧に対する強度も強いです。
4. 植物が大きく育つ(壁面緑化材)
植物の根は植栽リフモと強く絡み合うので、壁面緑化を行った場合、植物が大きく育っても十分に支える強度を持っています。
5. 繊維リサイクル率の向上
新用途が広がる事により、現在10%程度と言われている繊維リサイクル率が向上します。

▲このページのトップへ

リフモの使用用途

【木材の代替品】
<木材の代替品としての利点>
1. 密度(硬さ)を自由に調節可能
2. のこぎりで切断可能
3. 釘の保持能力がある

リフモは木材とほぼ同じ能力を持っており、需要がケタ違いに大きい木材の代替材として繊維を用途展開することにより繊維リサイクル率が大幅に上昇します。また、リフモの使用が広がれば木材伐採を抑制する事も可能となり、リサイクル率の上昇だけでなく地球環境の破壊低減にも寄与できます。

リフモ梱包材
リフモ梱包材
ヨット建造
ヨット建造
ヨット建造
スツール 什器 什器
スツール 什器 : レプシムローリーズファーム(レディースファッションショップ)の新規出店店舗の陳列棚として採用され展開中。

▲このページのトップへ

【壁面緑化材】
壁面緑化材に植えた花
<壁面緑化材として注目されているポイント>
1. 安価!
繊維のリサイクル品で作られているため。
2. 保水性!
繊維で作られているため植栽部は保水性や断熱性に富み戸外に設置しても水分蒸発が抑えられる。
3. 成長率!
植物を支える十分な空隙性を擁し、花の根の伸直だけでなく厚み50mmの植栽地盤でも大きな根の伸びが可能なため花を大きく成長させる事が可能。
4. 溶液潅水装置の設置不要!
植栽部分に製造時に半年以上効果のある肥料をあらかじめ混ぜ込むことができる。
5. 自動散水装置!
タイマーを内蔵している自動散水装置設置が可能で低コスト。
6. 簡単な取り付け!
構造部分は軽量で、既存建物でも建物の構造体を補強せずに設置可。

⇒壁面緑化(実証・事例紹介)はこちらへ

▲このページのトップへ

リフモ開発に対する公的助成

平成14年〜16年度
・創造的中小企業技術開発費補助事業(兵庫県新産業創造プログラム) 「繊維屑を用いた梱包用木材代替材の開発研究」
平成17年〜18年度
・独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)産業技術
・実用化開発事業費補助事業 「繊維系廃棄物の擬木へのリサイクル技術の実用化研究開発」
平成20年〜21年度
・近畿経済産業局地域イノベーション創出研究開発事業 「繊維リサイクル技術の特性を発展利用した壁面緑化材の開発」

▲このページのトップへ

メディアでの紹介

2011.09.01
朝日新聞神戸版
2011.08.03
神戸新聞西播、北播版
2011.08.03
読売新聞姫路地域版
2011.01.14
読売新聞英語版
2010.12.20
読売新聞全国版

▲このページのトップへ

2011.10更新