ページ先頭

リフモ

リフモ全般のご紹介 リフモの実証・事例紹介

地球温暖化防止、節電対策が重要課題となっている現在、緑化による対策が注目されています。
とりわけ当社開発のリフモの壁面緑化材は、取り付けや管理も容易で安価、何より繊維のリサイクル品で作られているため、リデュース(ごみを減らす)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の理念にあった環境にやさしい製品です。
緑化材として基材に使用されるリフモは木のように軽量で、堅く、腐らず、釘が打てる素材です。
植栽部に使用されるリフモは植物を成長させるのに必要な養分、水分を保持する機能があります。
これらを合体させることにより、壁面でも屋上でも植栽が可能です。
また、耐久性・経済性も追求したリフモ製の標識材も開発いたしました。

[導入事例] 軽くて!丈夫で!安い!新素材を使った新しい規制標識材

西日本高速道路メンテナンス中国株式会社と共同で、リフモ製の規制標識材を作りました。
従来のアルミ製規制標識材よりも約2割安く、また十分な耐久性も追求した新しい規制標識材です。

リフモ製の規制標識材
規制標識材 従来のアルミ製標識は重く、軽量のポリカ製は衝撃に弱いなど、いずれも問題がありましたが、これらを解決し、さらに経済性も追求した新しい規制標識材です。

[導入事例] 壁面緑化の屋内・屋外・屋根への設置事例

壁面緑化材は屋外への設置のみでなく、TVスタジオやエントランスなどの屋内緑化にも利用されています。また緑化ボードを屋上や屋根に設置することで室温をやわらげる効果も実証され、多方面から注目され地球温暖化防止や節電対策にも期待が寄せられています。

第15回「KOBEドリームキャッチプロジェクト」に認定
壁面緑化 第15回「KOBEドリームキャッチプロジェクト」に認定されました。
「KOBEドリームキャッチプロジェクト」は、公益財団法人 神戸市産業振興財団が認定するプロジェクトで、有望な新規事業プランや新分野進出を神戸が全力でサポートするもので、将来性があるアイデアを持った中小企業や個人が選ばれています。
当社の壁面緑化ボードを使ったベランダ家庭菜園キットが認定を受けました。
平成24年10月認定
RSK山陽放送スタジオの緑化
壁面緑化事例
平成23年4月5日
中央部分、厚み40mm(基材部リフモ厚み10mm、植栽部リフモ厚み30mm)のリフモ植栽ボードを使用して植栽。
壁面緑化事例
壁面緑化事例
6月18日
壁面緑化事例
6月18日
壁面緑化事例
6月18日

▲このページのトップへ

兵庫県立播磨農業高校乳牛舎屋根、および壁面リフモ緑化ボード設置
壁面緑化事例 壁面緑化事例 壁面緑化事例
平成23年4月28日
厚み35mm(基材部リフモ厚み5mm、植栽部リフモ厚み30mm)のリフモ植栽ボード設置工事。
壁面緑化事例 壁面緑化事例 壁面緑化事例
4月28日
厚み40mm(基材部リフモ厚み10mm、植栽部リフモ厚み30mm)のリフモ植栽ボードを使用して壁面緑化開始、肥料は粒状肥料を使用して水のみの灌水。
6月22日

▲このページのトップへ

たつの工場壁面緑化での実証
厚み40mm(基材部リフモ厚み10mm、植栽部リフモ厚み30mm)のリフモ植栽ボード使用、肥料は粒状肥料を使用して水のみの灌水。
壁面緑化実証
4月4日 定植開始
壁面緑化実証
4月28日 壁面設置完了
壁面緑化実証
7月26日
たつの工場ミニトマト栽培実験での実証
厚み40mm(基材部リフモ厚み10mm、植栽部リフモ厚み30mm)のリフモ植栽ボード使用、肥料は粒状肥料を使用して水のみの灌水。
壁面緑化実証
5月16日 壁面設置完了
壁面緑化実証
7月13日
壁面緑化実証
7月13日

▲このページのトップへ

たつの工場屋根リフモ緑化ボード設置
壁面緑化事例 壁面緑化事例 壁面緑化事例
平成23年6月8日
厚み35mm(基材部リフモ厚み5mm、植栽部リフモ厚み30mm)のリフモ植栽ボード設置工事開始。
壁面緑化事例
6月18日
クロバー種播種完了
壁面緑化事例
適正植物栽培方法検討中

▲このページのトップへ

【リフモ緑化ボード屋上設置による室内温度低減効果】

最大6度の温度低下 室温低減効果グラフ

▲このページのトップへ

2011.10掲載