再生 > 進化をカタチにして活かす。それが新素材『リフモ』の役目です。

リフモとは門倉貿易が繊維リサイクル率の向上を目指して、
公的助成金を受けながら開発を行った100%繊維系廃材からできたリサイクル素材です。

繊維廃棄物を加熱・加圧成形して開発した新素材であるリフモは木材・プラスチックの代替品に留まらず、特性を活かした独自素材として利用されており、様々な分野からさらなる期待が寄せられています。

※リフモrifmoとはイタリア語のritmo(リズム)とrecycle(再生利用)fabric(繊維製品)model(モデル)を組み合わせた造語で、繊維リサイクルと暮らしが調和して1つのリズムとなるように、との思いから名付けられました。

2013年6月「エコマーク」の認定を取得しました。

作品タイトル

繊維系廃棄物のリサイクルの現状

家庭から排出される古着、古布など繊維系廃棄物は年間200万トン以上ですが、リサイクル用途はウエス(機械拭きの雑巾)、輸出向け古着、反毛(綿に戻して再利用)等と非常に限られており、リサイクル率はわずか10%程度で今後も大幅に増える見込みは難しいのが現状です。

しかし、環境意識の高まりにより、回収組織の構築や繊維リサイクルを推進するための行政回収の開始等、回収量は増加傾向にあり、今後繊維系リサイクルを発展させていくには新たな用途開発が必要とされています。

<日本における繊維リサイクル率>
約10%(平成13年度経済産業省「繊維製品リサイクル懇談会」報告)

リフモの特長

軽量・汎用性
リフモの平米重量(12mm厚)はわずか7.2kgと軽量な為、持ち運びが容易です。

また鋸で用意にカットできるので、用途に応じた形状加工が可能です。
腐食・変形の心配がない
耐水性のあるリフモは、木材のような腐食がありません。

また直射日光や温度変化による変形もないので屋外での長期使用も問題ありません。
丈夫で割れにくい
リフモは繊維が絡みあう事で、丈夫で割れにくい構造をしています。

重量物を載せても耐えられ強度を持ち、物流センターのパレットの天板などにも使われています。
釘の保持力が強い
建築や梱包資材としては、釘が打てる上、保持力が強い性質が活かせます。
打ち直した釘が既存の釘穴に重なった場合も十分な保持力を発揮するので
施工もスムーズ。
風圧や負圧への優れた強度も確認済みです。

【映像】 2分半でわかる「リフモができるまで」

材質の性能試験結果

  リフモ
引張試験 JIS K7161-1 33.7Mpa
圧縮試験 JIS K7181 100Mpa※
曲げ試験 JIS K7171 36Mpa
滑り抵抗試験 ASTM E-303(乾燥) 111BPN
※100Mpa≒1万t/㎡ ⇒ 400t/0.04㎡(タイヤ接地面積)強固な地面の場合、耐荷重80トン(実績値)

 

リフモ開発に対する公的助成

平成14年~16年度
・創造的中小企業技術開発費補助事業(兵庫県新産業創造プログラム) 「繊維屑を用いた梱包用木材代替材の開発研究」

平成17年~18年度
・独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)産業技術・実用化開発事業費補助事業 「繊維系廃棄物の擬木へのリサイクル技術の実用化研究開発」

平成20年~21年度
・近畿経済産業局地域イノベーション創出研究開発事業 「繊維リサイクル技術の特性を発展利用した壁面緑化材の開発」

平成25年
・中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業

平成30年
・ひょうごオンリーワン企業等認定・支援事業


頂いた古着でリフモを作成し、お渡しすることが可能です。
エコ活動・CSR活動への貢献や、SDGsへの取り組みにご活用ください。

※自治体・企業・団体様に限ります。
加工費用や必要となる古着の量などはお問い合わせフォームまで