リフモの導入事例:積送ラックの天板【導入6年目】

リフモを6年間継続してご使用いただいております、ハウスメーカー様での積送ラックの天板用途をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

このラックは工場から全国各地へ資材を運ぶ際に使用され、各地で屋外保管されたものが工場へと返却されます。
これまでは塗装コンクリート型枠用合板(以下コンパネ)を天板に使用していましたが、風雨等の影響で劣化し、
割れたりねじ釘の固定が効かなくなり、頻繁に張り替える必要がありました。

ボロボロになったコンパネ

 

 

 

 


 

 

 

このコンパネを丈夫なリフモに張り替えることで、長期間使用し続けても割れや ねじ釘固定部のがたつきが
発生することが無くなり、張り替える必要がなくなりました。
張り替えて6年経った物も、多少色褪せはあるものの問題なく使用出来ているそうです。

コンパネ同様、金属製のねじ釘を
ステイの金型まで打ち込んで固定

6年前に張り替えたリフモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも劣化したコンパネを順次リフモに張り替えていく計画だそうです。

 

記事作成者:堂本

2020年09月03日